γGTP 下げる

γGTPは血液検査の数値で症状の深刻さが分かります。基準値として男性が50IU/L以下、女性が32IU/L以下とされており、基準値以上〜100IU/Lまでだとアルコール性肝障害や脂肪肝などになる恐れがあります。さらに100IULを超えてしまうと、もっと重大な病気を引き起こす可能性が高くなります。

 

もちろん禁酒・節酒することで数値が下がることはありますが、アルコールを摂らない人でも糖質の摂りすぎやストレスなどで数値が上がることがあります。肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれるほど、自覚症状がなく手遅れってことになることも。

 

まずは数値を上げない、高い人は下げることが重要です。生活習慣・食生活の改善はもちろん重要なのですが、一番有効なのはアルコールをやめる事です。しかし飲む人にとっては疲れた一日を癒すのにアルコールは必須アイテム。適度にたしなみながら数値を下げるには、肝臓に良い食品をバランスよく、肝臓に負担をかけないよう腹八分目に食べる事です。あと肝臓の機能をサポートする成分が入ったサプリを活用する事も効果的です。

 

 

γGTPを下げる方法!

 

γ-GTPの数値が高いという場合には、当然のことながら改善が必要です。肝臓のトラブルは全身の不調を招き、最悪は体の各所の機能不全、命の危険までもたらしてしまうとされています。基本的にγ-GTPが100IUを越えるようであれば、何かしらの治療を始めたほうが良いでしょう。

 

γ-GTPはアルコールに反応しやすいので、お酒を飲むと上がります。その場合1〜2週間お酒を控えることで正常範囲に戻るようになると言いますが、日常的に飲酒する場合には非常に上昇しやすく、さらにγ-GTPの数値が検査で基準値を上回っているという場合は注意が必要です。
γ-GTPの数値を下げるためには、節酒や禁酒がもっとも効果があります。休肝日を設けるとγ-GTPの数値は下がりやすいのですが、これが簡単ではないのです。ちょっと控えるというレベルではなく、はっきりその日は飲まないという日を作りましょう。

 

肝臓はアルコール分解だけではなく、他の機能も数多く行っています。アルコールの分解は作業の負荷も大きく、そのために他の作業に悪影響が生じやすいのです。

 

γ-GTPは肝臓の状態がよければ正常範囲になり、肝臓に何かのトラブルが生じると高くなる数値です。簡単に言えば、数値を下げるためには肝臓の状態を良くしてあげることが大切です。

 

具体的には肝臓が再生するのに必要なアミノ酸などの栄養を摂取したり、また肝臓の働きを助けるタウリンなどの成分を摂取したり、肝臓に悪い習慣や食品の摂取を避けることが挙げられます。いずれも単発ではなく、継続的に行うことが肝心です。

 

γGTPとは?肝臓の何を示す?

 

健康診断などの結果、γ-GTPという数値が出てきますが、これは肝臓に関する数値です。このγ-GTPが基準値を上回っている場合、結果次第では急いで医療機関で治療をする必要があります。この結果次第では肝障害やその予備軍になっており、そこから生じる様々な悪影響を受けやすくなってしまうからです。γ-GTPの数値が高くなっているということは、体内において肝臓内に本来あるはずのγ-GTPが血液中に流れ出ているということです。

 

これが何を意味するのかといえば、肝臓内のγ-GTPは少なくなっているということで、肝細胞にγ-GTPをとどめることができない状態になっている、すなわち肝細胞が壊死し始めているということになります。

 

これが続くと肝機能の低下どころか肝細胞自体がなくなり、全身が機能不全に陥ったり、最悪死亡にまでいたる可能性もあるようです。肝障害は基本的に全身に影響が出ますので、もしも治療が必要になるようであれば、かなり深刻な状態になりかねないということを意識しておきましょう。

 

肝臓を傷める最も大きな要因のひとつがアルコールです。アルコールを飲む人ほどγ-GTPは高い数値が出やすく、毎日飲む人はの基準値を常に超えていることも多いそうです。休肝日が必要と言いますが、それによって肝障害のリスクを大きく減らすことができます。肝臓は回復力の高い器官ですから、少し休むとかなり調子が改善されるのです。

 

γGTPの基準値や数値の状態

 

γ-GTPは肝臓をはじめとした各種の臓器に存在している酵素です。血液検査などでこの数値から特に肝臓の問題を知ることができるとされています。

 

これが基準値を上回ると問題となりますが、どのくらいからが問題となるのでしょうか。これには男女差があって、肝機能が正常であれば成人男性で10〜50IU、成人女性で9〜32IUが正常範囲とされています。つまり、男性の方が少々高くても大丈夫ということになります。肝臓は多くの有害物の解毒を担っている器官ですから、機能が衰えてくることによって健康にも大きな悪影響が生じます。

 

γ-GTPがもしも正常値を上回り〜100IU程度であれば、軽度のトラブルが生じていると考えられます。またγ-GTPが100〜200IUの数値を示している場合は、中程度の上昇とみなされ、トラブルの確率は高まり何かしらの症状や影響が体に出ていると考えられます。さらに200〜500IUの数値となると、高度な上昇とみなされ、アルコール性肝障害や閉塞性黄疸や肝内胆汁うっ帯といった問題を疑うようになります。慢性活動性肝炎なども懸念される状況として、医療機関での治療を急ぐように言われるようになります。γ-GTPが500IU以上ともなれば、超高度の増加状態として治療を最優先にするべき状態です。

 

γ-GTPが高くなると、アルコール性肝障害や薬物性肝障害、慢性肝炎、脂肪肝といったトラブルが増えるようになりますが、これが数値の上昇と共に重度に進行するようになりますから、数値の変化や傾向にはいつも注意しておく必要があります。

 

γGTPが高くなる原因。どんな病気になる?

 

健康診断では多くの健康状態を把握できる血液検査が行われますが、血液には人間の体の状態や生活の状態が如実に表れてくるそうです。その中で肝臓の状態を示すγ-GTPの数値も出てきます。

 

たんぱく質が分解される際にできる酵素がγ-GTPで、正式名称はガンマ・グルタミルトランスペプチダーゼと呼ばれます。肝臓の解毒機能として有名なγ-GTPですが、肝臓だけでなく多くの臓器にも含まれている酵素です。このγ-GTPの基準値を上回っている場合には肝臓にトラブルが生じていることが多いことから、肝臓の状態を測るひとつの基準となっています。

 

ただγ-GTPの数値だけで全てが分かるわけではないですし、その疾患の進行状態も正確に分かるわけではありません。ですから検査上の基本的な役割としては、トラブルの発見とその重篤度を測るために使われています。詳しいことについてはγ-GTPの結果から再検査を行い、直接肝臓の状態を調べてみることによって分かることが多いです。

 

γ-GTPは、アルコールや食事、生活習慣の影響を大きく受ける数値ですから、もしも異常な数値が出た場合には生活面で見直すべきことがないかチェックするようにしましょう。。γ-GTPの正常値を上回ったことですぐに大きなトラブルとなるわけではありませんが、自覚症状無く肝臓の病気は進むため、数値に異変があれば注意して早めに改善を始めるのが良いと言われています。

 

γGTPを下げるタウリン

 

γ-GTPの数値が上がるひとつの要因として食事の影響があります。アルコールの摂取過剰はもちろん、糖質や脂質の多い食事ばかりを食べていると、肥満になったり肝臓に脂肪がついてしまって負担となります。肝臓にとっては、脂肪というのは分解するための負担が大きなもののひとつで、これを少なくすることによって肝臓を楽にすることができます。ですから食事の内容を見直すことが大切です。脂質の分解がスムーズに進むようにすると、肝臓の負担が減り活動が活発になるので、γ-GTPの数値も落ち着いていきます。

 

そのために摂取したい成分が、栄養ドリンクによく含まれているタウリンです。イカや牡蠣などに多いタウリンですが、タウリンは脂質を分解する酵素の働きを助け、肝機能を向上させ、アルコールの分解を早める作用があります。肝臓に牡蠣がよいという話もあり、多くの健康食品やサプリメントで用いられていますが、タウリンが牡蠣に多く含まれているからです。

 

しかし栄養ドリンクにタウリンが含まれているからといって、栄養ドリンクばかり飲むのは過剰な糖質の摂取となり、脂肪をつける元になるので注意しましょう。タウリンだけを摂取できるタブレットなどなら、摂取することによって代謝が上昇するのでダイエットにも利用することができます。お酒にも強くなりますから、飲み会などの前には飲んでおくと肝臓へのダメージを減らすことができます。

 

γGTPを下げるオルニチン

 

肝臓の数値が気になる人にとって強い味方となるのが、しじみに多く含まれているオルニチンです。最近はオルニチンの効果は肝臓だけでなく様々に効果があるとされていて、美容効果を求める女性からも注目されています。

 

オルニチンは人体にも存在しているアミノ酸ですが、肝臓内にもっとも多く含まれていると言われ、それだけ肝臓において重要な役割をしています。というのもアンモニアを分解するオルニチン回路というからだの働きはオルニチンなしには働かないからです。オルニチンが体の毒素を分解してくれるおかげで肌のトラブルや体臭などとならないようになっているのです。

 

二日酔いの日の朝にはしじみの味噌汁がいいと昔から言われていましたが、オルニチンにはアルコールの分解を助ける作用があるからと考えられます。オルニチンを摂取することによって、肝臓の負担を減らし、γ-GTPの数値も落ち着けることができるので、お酒を飲む人には必須と言われています。

 

一時はウコンに含まれるクルクミンという成分が有効ということで注目されていましたが、クルクミンは過剰摂取になると胃腸に悪いという面があり、副作用の少ないオルニチンが注目されるようになっているのです。

 

オルニチンはしじみに多いとは言えど、正直言ってしじみだけを食べても効果があるというほどは摂取できません。ですから現実的には成分を凝縮したサプリメントを利用するのがγ-GTPの数値改善には必要となります。

 

更新履歴