γGTPが異常値になるとどうなるか

 

 

γGTPは異常値でも自覚症状がないので要注意

 

血液中に肝臓からγGTPが大量に流出したとしても、自覚症状を感じることはほとんどありません。肝臓は物を言わない臓器なので、よほどのことがなければ痛みなどの信号を発しません。

 

血液検査の結果はしっかりと把握しておくことが大切です。特にγGTPが直接健康に被害及ぼすことはありませんが、異常値になるには原因があるので安易に考えないことが大切です。たとえば肝臓が最もダメージを受けるのはアルコールの過剰摂取で、脂質の多い食事もダメージになります。肝臓が悲鳴を上げた時には重篤な疾患になっている可能性が高いので、少なくとも習慣的なアルコールの摂取は控えた方が良いでしょう。

 

異常値とは

 

γGTPは血液検査によって分かり、基準値は男性が50以下、女性は32以下です。たとえば検査の前日にうっかりとお酒を飲んでしまった場合、検査結果では基準値を軽く超えてしまうことは良くあります。

 

検査結果が100以下なら禁酒や節酒をするだけで数値の改善ができます。正常値から見れば、100を超えたら異常値とらえるべき数値と言えます。病院での再検査が必要です。脂肪肝だけでなく肝炎の初期症状の可能性があります。

 

検査結果が100〜200の間にあると、禁酒程度だけでは基準値に戻すことは難しいです。肝臓に中性脂肪が蓄積して治療が必要なレベルの脂肪肝になってい可能性が高いです。慢性肝炎、胆道の病気の可能性もあります。

 

200以上になると精密検査対象のレベルです。100を超えている時点で腹部エコー検査を実施する場合もありますが、200を超えたら確実に検査対象です。エコーだけでなく、黄疸検査、肝機能検査を実施します。γGTPが異常値でも、食生活の指導で改善が見込める場合もあれば、投薬治療、入院が必要な場合もあります。