栄養ドリンクはγGTPの数値を改善できる?

γGTPの数値が高い原因はアルコールと中性脂肪

γGTPの数値は肝臓の機能を示すバロメーターのひとつです。血液検査の結果で数値が基準値より高い場合には、原因を正しく把握することが必要です。肝臓の機能を確認する検査項目のうち、γGTPだけが高い数値を示した場合、肝臓の細胞がダメージを受けています。アルコールに敏感に反応する酵素であることから、多くの場合、過剰な飲酒が数値を高くする原因です。食生活を振り返ってみて、検査前日に多飲していないか、日常的にアルコールを摂取していないかを確認することが必要です。また、γGTPの数値が高い人の多くは、肝臓に余分な中性脂肪が蓄積して、メタボ体系になっている傾向があります。アルコールの摂取を個代えるとともに、内臓脂肪を減らせば、基準値内に戻すことは可能です。

 

栄養ドリンクの効果

γGTP値が高く、医師から要経過観察などの指摘を受けたら、肝臓をいたわる食生活や機能の回復に有効な栄養素を摂取するのが有効です。肝臓の機能の改善に有効な成分として、タウリン、オルニチン、亜鉛などがあり、タウリンには、アルコールが体内で分解されたときに発生するアセトアルデヒドを無毒化する働きを持っているので、肝臓の機能改善に有効です。タウリンは疲労回復効果を目的として、一般的な栄養ドリンクに配合されているので、アルコールを飲み過ぎた、疲労が蓄積しているという時には効果的です。ただし、検査直前に飲んでγGTPの数値を下げるのは難しいでしょう。肝機能に特化した栄養ドリンクには、オルニチンや亜鉛を主成分としているものもあるので、症状に応じて利用すと肝臓の機能を健全に維持しやすいです。栄養ドリンクには、健康維持に有効な成分は含まれていますが、糖分が高いものが多いので、血糖値が高い人や肥満傾向にある人は、注意が必要です。