病院へ行かずにγGTPを下げる方法はある?

 

 

アルコールを止めてみる

 

γGTPが基準値を超えたら必ず病気になっているということではありませんが、血液中にγGTPが溶けだしてしまうと肝臓の機能が低下する可能性があります。原因を突き止めて下げる方法を実践することが必要です。

 

γGTPは主にアルコールの過剰摂取が原因で血液中に多くなります。再検査になったら当日までの間に禁酒をすると、一過性のものなのか、慢性的なものなのかがはっきりします。短期間の禁酒や節酒でも、γGTPの数値が高ければ食生活や生活習慣の見直しで様子を見ます。数値が基準値を大幅に上回っている場合には、医師の指示に従った治療が必要な場合もあります。

 

食事で下げる方法

 

γGTPは肝臓の働きに関わる酵素なので、検査結果で基準値を超えたら肝臓の働きを活性化させる働きがある食材を取り入れると、数値の安定に有効です。

 

一般的に知られているのはタウリン、亜鉛、オルニチンで、牡蠣、シジミ、タコなどに多く含まれています。他の栄養素では、抗酸化作用があるビタミンA・Eも肝臓の働きの活性化効果があり、レバー、ウナギ、ニンジン、カボチャ、ゴマ、ナッツ類などに多く含まれています。

 

食事に取り入れるだけでなくアルコールのおつまみに加えると、肝臓の働きをサポートしてγGTPの数値を下げる効果が期待できます。

 

適度な運動で内臓脂肪を減らす

 

基準値を上回ったγGTPの数値を下げるには適度な運動も効果があります。健康診断で数値が高め・要注意という指摘を受ける人の多くは、メタボ体系の人が多いです。さらにメタボ体系の大半は脂肪肝で、放置すると深刻な病気に症状が進むこともあるので、初期のうちの対処が必要です。

 

メタボ体系を改善するには、食事の制限に合わせて運動を加えるのが効果的です。特別な運動の必要はなく、エレベーターやエスカレーターの使用を止めて歩く、早く歩くように意識するなど、日常生活の中で工夫をするだけでも大丈夫です。できればストレッチやウォーキングの習慣にするとさらに効果がアップします。