γGTPの数値が上がる理由は何?

γGTPは肝臓の働きに関わる酵素

γGTPはたんぱく質の分解に必要な酵素です。血液検査で高い数値を示すのは、肝臓から血液中に酵素が漏れているからです。酵素が血液中に漏れること自体には特に問題はないのですが、漏れた理由と量によっては、重篤な疾患が関わっていることがあるので、要注意・再検査などの指導がされます。検査の数値が高くなるのは、一過性の場合ありますし、数値によって様々な疾患の可能性があります。いずれにしても、肝臓に何らかのダメージがあるので、上がる理由を突き止めてケアをすることが必要です。

 

数値が上がる理由は飲酒だけではない

γGTPの特徴は、アルコールに反応しやすいという点にあります。そのため、検査前日に飲酒をしたり、飲酒の習慣があると、検査で基準値を超えることが多いです。禁酒をして再検査に臨んだ結果が基準値内であれば、肝機能の障害の可能性は低いと考えられます。しかし、短期間の禁酒後の検査で数値が高ければ、アルコール性肝障害の可能性があります。アルコール以外にもγGTPの数値が上がる理由はあります。たとえば、標準体重をオーバーしていて、体脂肪や内臓脂肪が多く脂肪肝になっていても数値は高くなります。脂肪肝は自覚症状がないので、医師からの指摘を受けた時点で早めにケアを開始することが大切です。放置すると、肝炎、肝硬変、肝臓がんと症状が進行するリスクが高くなります。

 

γGTPだけでなく他の数値も確認する

血液検査には検査目的によって様々な検査方法があり、肝臓の機能を確認する時には、γGTPだけでなく、GOTやGPTも検査します。γGTPのみが高い場合には、アルコール性の疾患や脂肪肝の疑いが濃厚ですが、GOTやGPTも基準を超えている場合には、アルコール性ではない疾患の可能性が高くなります。通常、病院では検査結果に異状があれば、再検査や精密検査を勧めます。なるべく早期に詳細な検査を受けるとよいでしょう。