γGTP値は一時的に高くなることもある

γGTPとは

γGTPはガンマグルタミルトランスペプチダーゼの頭文字で、肝臓などで作られている逸脱酵素のひとつです。たんぱく質を分解したり合成したりするときに活躍する酵素で、通常は肝細胞・胆管細胞にあります。何らかの原因で肝臓の細胞が壊れるは、血液に流れ出ることから逸脱酵素と呼ばれています。採取した血液を遠心分離機にかけて、取り出した血清に含まれる数値を計測します。γGTPは若い人よりは中高年になると必要な検査で、脂肪肝をはじめとする肝臓病や心筋梗塞などの兆候を発見できるため、生活習慣病の予防には有効です。

 

数値が一時的に高くなる理由

γGTPには基準値があり、男性の上限は50、女性は32です。γGTPはアルコールに敏感に反応する特性を持っているので、慢性的な肝疾患にかかっていても高い数値となりますが、検査の前日に飲酒をした場合や体調によっても一時的に高い数値が検出されることがあります。100以下なら特に問題はないとされていて、要経過観察と判断されることが多いです。心配な場合には、体調を整えて再検査を受けると良いでしょう。他の肝臓に関する血液検査の項目値が正常値範囲内なら、飲酒の習慣がある人は、数日間の禁酒をして検査に臨めば正常値に戻ることが多いです。

 

サプリメントを一時的にやめてみる

健康診断では、日常的に服用している漢方薬を含む薬について申告することが必要ですが、サプリメントについては申告しない人もいます。血液中には食事からの栄養素や薬の成分など様々なものが含まれています。γGTP値が高くなるのは、肝臓の細胞が壊れているからですが、薬やサプリメントの影響がゼロであるとは言い切れません。再検査を受けるなら、日常的に利用しているサプリメントを検査日まで止めてみると、γGTPの数値が安定するかもしれません。習慣を変えたくない場合には、服用履歴として申告するか、前もって医師に影響の有無を確認するとよいでしょう。もちろん、アルコールは検査日まではNGです。